« 夏のシェフズナイト開催のお知らせ | トップページ | 秋のカクテルできました! »

鉄とお酒と超伝導

ある種の鉄の化合物をワインや日本酒などに浸すと、物質の電気抵抗が完全になくなる超電導の性質が生まれることを物質・材料研究機構(茨城県つくば市)が突き止め、二十七日発表した。
 同機構ナノフロンティア材料グループの高野義彦グループリーダーは
「酒に含まれる何が原因かは不明だが、新たな超電導体の開発の足掛かりになる」と話している。 高野さんらはまず、超電導体と構造が似ている鉄テルル化合物を作製したが超電導を示さず、机の上に放置。約一週間後に一度調べると、超電導を示すようになっていることを発見した。
空気中の水分が影響していると考え、水や、水酸基(OH)を含むエタノールなどで、
温度や濃度を変えて実験したが、超電導を示す効率は悪かった。
 三月に同機構の懇親会でさまざまな酒類が出されたのを見た高野さんが酒で実験することを発案。
赤白のワイン、ビール、日本酒など六種類をいずれも七○度の“熱かん”にして二十四時間浸すと、化合物が超電導を示した。単に水とエタノールを混ぜたものより効率は最低でも二倍。
赤ワインが最も効率が良かったという。
高野さんは「面白いことが起きればと思ってやってみたが、こんな結果が出るとは。
お酒には不思議な力がある」と話した。  (東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010072802000053.html

いやいや、すごいですね。
お酒の力もすごいけど、お酒で実験しようと思いつくのもすごい。

上大岡の隠れ家的レストランバー
Ca Marche ~サマーシュ~

忘年会などのパーティー、バースデープランなどもございます。

http://camarche.jp
E-mail  info@camarche.jp

|

« 夏のシェフズナイト開催のお知らせ | トップページ | 秋のカクテルできました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄とお酒と超伝導:

« 夏のシェフズナイト開催のお知らせ | トップページ | 秋のカクテルできました! »